私(理事長西村)は、1991年から北アジアの遊牧民(モンゴル、カザフ、トゥバ)の土地に通い続け、多くのことを見聞きし、体験し、考え、学び続けてきました。いまだにわからないことがたくさんあるので、現地に通い続けています。

この過程で知り得たこと、思い得たこと、理解したこと、大切と思うこと、そんな事々を様々な形で広くお伝えしてきたのがNPO法人しゃがぁです。

モンゴル情報誌しゃがぁは紙媒体で、

コンサートツアーは音楽を通して、

モンゴルツアーは実体験を通して、

写真展、企画展なども行ってきたわけですが、

2018年から、「遊牧文化講座」を始めました。不定期に全国各地でゲリラ的に行われます。

講座といっても、固いものではなく、楽しく、お気軽に聞いていただけるようなものです。

西村の異文化理解の基本姿勢は、「それが彼らにとって、何なのか?」を常に模索することにあります。

科学的にどうだとか、学術的にどうだとかということは、とりあえず、おいておいて、それそのことを、当事者がどのように思っているのか、どのようにとらえているのか?感じているのか?そして、何を祈り、願っているのか?などを紐解くことが、西村の基本的興味です。

たとえば、「●●はチーズである」と●●について言ったとして、だからなんだというのでしょう?●●を彼らはどのように感じているのか?●●を見たときに何を思うのか?我々がチーズを見たときに感じるモノと同じなのか?違うのか?彼らの言動を観察したら、「●●はよろこびをわかちあうためのもの」ではないか?なんて思えたりするんです。こういう事例を積み上げることが、彼らの思考に、そして文化に近づいていくことにつながるのではないでしょうか?

文化現象を、我々の文化現象の似たものに置き換えて理解するのではなく、彼らの思考、世界の中で理解することが大切だと思うんです。

もちろん、私は彼らではないので、まだまだわからないことばかりです。でも、こういった考え方で異文化にアプローチする必要を広く知っていただきたく思っています。

講座開講予定はこちらで確認いただけます=https://www.shagaa.com/projects00/lecture01/lecture-sche

また、講座開講依頼も承っております。お気軽にお問い合わせください。