NPO法人しゃがぁでは、モンゴル民族衣装デールの注文制作販売を行っています。

モンゴル服をデールと言います。 本当は、裏地のついたちょっと厚手のモノをデール、薄手のモノをテルリグと呼ぶのですが、 一般的にデールと言います。

巻き衣装ですので、 日本で着るには少々 暑いかもしれませんが、 冬場にコートのようにして着ると実は相当おしゃれだったりします。

また、 薄手のもの、 半袖ものとかであれば、 秋、 春にも着られます。かなり古いネタですが、 イングランド出身のロックバンド、 ピンクフロイドのアルバム「ザ ウォール」 を映像化(1982年: 監督アランパーカー)した時、 主人公のボブゲルドフは、 なんとモンゴル服を着ているんです! (だからどうした? とかいわないで…)

制作者はモンゴル国在住のセレンゲさんです。出身はトゥブ県のヌフルロル郡で、結婚してウランバートルに出てくるまで、ずっと遊牧生活をしてきた女性です。以前も注文販売をしていたのですが、 わけあって、 しばらく休止していました。
作り手のセレンゲさんの生活状況などいろいろな原因があったのですが、 実は去年あたりから注文制作をはじめています。

我流で、 いや、 母親に教わったままに制作してきたセレンゲさんでしたが、 ここ数年、 様々に勉強をして、 本人、 自信をつけたようです。 で、 満を持して、 再び注文制作を受け付けてほしいと言い出しました。

コロナ禍のために、 材料費が高騰し 、 以前より値上がりしていますことご了承下さい。
また、現地側での突然の外出禁止や店舗営業の制限など、諸般の理由によりご注文いただいてからお届けまでお時間かかりますこと、ご理解、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

218204576 372032337604371 3420244926279367624 n P 20171004 125638↑ 自宅で制作中のセレンゲさん
← 手製のデールを着るセレンゲさんと二人の愛娘

モンゴル刺繍について

DSC 0204

これはセレンゲ制作によるダーリン(かぎたばこ容器入れ)です。

すごい細かいんですよぉ~。手間かかっているんですよぉ~。

DSC 0205n

モンゴル語で刺繍のことをハトガマル(хатгамал)といいます。これは刺繍一般のことをいいます。つまり、いろいろな技法を全部ひっくるめての言い方です。

そんな中で、特徴的な刺繍技法としてズー オローフ(зүү ороох)というのがあります。これは「針を巻く」という意味です。

モンゴル語版wikipediaには、「ズー オローフ 縫いはモンゴル民族の伝統的な手刺繍技法の中でももっとも細かく、困難な刺繍である。」とあり、色使いにもモンゴルらしさがもとめられ(これをちゃんと知る人は少なくなりつつあると言われる)るなど、手の込んだ刺繍です。

見た目がチェーンステッチのように見えますが、ちがうんです…文章で説明できませんので…動画をご覧下さい。

 
ズー オローフ

ズー オローフ
0 sec.
Views: 0


小さな刺繍にとんでもない時間がかかるんです!

で、こういう刺繍をセレンゲお任せで袖口に付けるとかすると、とてもおしゃれなデールができあがるのです!


販売価格

デール代の他に送料(送料実費+発送手数料)がかかります。

デール代

男性用
晴着用・刺繍つき 29000円
晴着用・刺繍なし 22000円
普段着・刺繍つき 27000円
普段着・刺繍なし 20000円
女性用
晴着用・刺繍つき 26000円
晴着用・刺繍なし 20000円
普段着・刺繍つき 20000円
普段着・
刺繍なし 18000円

刺繍追加: 一点につき 5000円

服の仕様(綿入れ、 裏地なし、 半袖など)のご相談承ります。


注文の流れ

注文意思の伝達(申込みフォームより)
ご希望の色やサイズをお知らせいただきます。

生地のチェック
モンゴル側から、生地写真が送られてきますので、確認いただきます。

見積もり
生地が決まったところで、見積もりをお送りします。

注文確定
制作開始します。

現地より直接お届け
ご指定の場所に、モンゴルから郵送します。

お支払い
指定口座にお振り込み、もしくはクレジットカード決済願います。


 お願い

現地とのやりとりをしながら、ご希望のデールを制作するのですが、生地の色味など、パソコン環境などによって、実物と異なる場合はありますこと、ご了承ください。

また、現地との連絡にお時間をいただくことになる場合もあります。注文からお届けまで場合によっては二ヶ月ほどかかってしまう場合もあります。お急ぎでのご注文は承りかねますこと、ご了承ください。


採寸について

deel

モンゴル式お任せ注文の場合は、上の図にありますように、基本的に、①と②、および胸囲をお知らせいただきます。

なお、袖口を狭めにするか、通常のデールのようにするか(広め)のご希望をお知らせいただきます。狭めにする場合は、袖口周りの長さをお知らせください。

モンゴルデールとは、大きめのをバサッと着こなすものですが、特にサイズについて、不安がある場合、詳細をお知らせください。

*モンゴルデールの着こなしは大きめでも腰回りを後ろにたぐってしぼったり、丈をまくし上げたりして、調節して着ます。